喜びのプロセス〜整備編〜

2008.03.25 Tuesday 01:11
0
    しなやかに力強く
    地を駆ける猫のように
    その瞬間、時は止まり、
    風の合図と共に波がうねる。
    ただ一筋の光と共に大地は跳ねる。
    闇を切り裂く音は天と海とでこだまする。


     今日のメッセージは前々回の「喜びのプロセス」の続きです。心の花壇を整備するにはコツがいります。それは、慣れるまでは大変な作業化かもしれません。でも、地道に取り組めば必ずやり遂げる事ができます。そして、その先には平安と喜びが待っています。

     今、あなた方の目の前には心の花壇がある。
     それはどんな様子をしているだろうか?
     どんな状況にせよ、それがあなた方の現在の真実である。
     目を背けたくなる者もいることであろう。
     されど、あなた方が、自分の人生に深く関わりたいのであれば、それは避けては通れぬ道である。

     まずは、命のぬくもりを感じて欲しい。
     そして、どれほどの元気に満たされているか感じて欲しい。
     花に水が必要なように、心にも水(=愛)が
     花に栄養が必要なように、心にも栄養(=叡知)が必要である。
     それは、あなた方の努力無しでは実現で出来ぬかもしれぬ。
     されど、それはあなた方にとって必須の学びとなる。

     次に、何が生えているか観察して欲しい。
     草が生え放題ではなかろうか?
     望む花は咲き乱れているであろうか?
     心の雑草はあなた方の心の乱れである。
     逃避、怒り、憎しみ、ねたみ、憂い…等等、
     ネガティブな思いが、あなたがの心の花壇を覆い尽くしてはいないだろうか?

     心の雑草を抜くときに注意が必要である。
     何となれば、直ぐに抜いたとしても、それは表面の上っ面でしか無いからである。
     まずは、良く観察することである。それは、どんな思いであろうか?
     そして、その根はどこまで伸びているであろうか?
     ネガティブさをポジティブに変えるためには、まずその根を掘り出す必要がある。
     それは、辛い作業になるかもしれぬ。
     それど、まっすぐにネガティブさを見据えることは、成長のプロセスを加速させるものである。
     ゆっくりと優しく、その根を掘り出すが良い。
     どうであろう?
     そのネガティブさの根元の奥深いところまで見出せたであろうか?

     次に、そのネガティブさをリリースする時にも注意が必要である。
     必ず、あなたの中に存在する優しさと慈しみで、そのネガティブな思いを抱きしめてみなさい。
     それは、そのネガティブさ否定するのでは無く、肯定することと同じです。
     そして、手放しなさい。
     もはや、そのネガティブさはあなたの成長の糧となり、新たな叡知をもたらす呼び水となる事でしょう。

     あとは、そのプロセスを何度も繰り返すことです。
     根気良く続ける必要があるでしょう。
     それは、地道な作業となるでしょう。
     されど、その作業が自他共に認め合える心の花壇を作りだすのです。


    皆さんの応援が力になります。下記「クリック」ご協力ありがとうございます。m(_ _)m
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング

    (皆さんに、)愛と光の加護がありますように。そして、内なる叡知に導かれますように。



    category:ワーク | by:ゆうじcomments(2)trackbacks(0)

    感情から無意識の世界を探るワーク

    2008.03.27 Thursday 13:40
    0
       言葉を越えて
       ただひたむきに
       ゆるりと生きるその影で、
       涙乗り越え
       今に生きる


       今日は、感情に関するワークをご紹介します。体の痛みが肉体の不具合を起こしている箇所を特定してくれるように、感情に注目してみると、心の深いところの不具合(とらわれ)について理解を深める事が出来ます。

       毎日の生活の中で試せるワークですが、やってみると強力な効果を発揮してくれます。そして、たくさんの気づきを得る事ができます。是非試してみてください。(よろしければ、感想を聞かせて頂ければと思います。)

       この世の全ては波動であり、
       人の感情も例外では無い。

       ゆえに、その沸き起こる思いをじっと見つめ描写する事は、
       新たな気づきをあなた方にもたらします。

       思考の働きを緩め、ただ自らの沸き起こる思いを言葉にしなさい。
       描写するにつれ、直ぐに言葉がいかに微力であるか知る事でしょう。

       時には、音を用いる事も効果的です。
       喜びの音、悲しみの音、嘆きの音、微笑みの音、
       大切なのは、感情に飲まれる事無く感情を理解し、認める事です。

       そして、問いかけてみなさい。
       この思いはどこから表れてくるのだろうか?
       この思いは何を伝えようとしているのだろうか?
       そして私は何にしばられているのだろうか?と。

       その先にあるのが、あなたにとって大事な何かです。
       でも、本当に大事なのでしょうか?

       それは、実はもう今のあなたには必要ないものかもしれません。
       もしかすると、手放すべきことなのかもしれません。
       そして、新たな場を広げ、手にする時期なのかもしれません。

       無意識の世界を理解し整理する事は、あなた方の見えない障害を取り除き、
       あなた方の可能性広げてゆく事と同じです。

       何が良くて、何が悪いのではありません。
       ただ、気づく事が大切なのです。
       何となれば、気づいた瞬間から癒しが始まるからです。



      (皆さんに、)愛と光の加護がありますように。そして、内なる叡知に導かれますように。

      JUGEMテーマ:日記・一般

      category:ワーク | by:ゆうじcomments(2)trackbacks(0)

      今ここにいる事

      2008.04.05 Saturday 00:46
      0
         私の住む街では、桜がちょうど満開を向かえ、一部では散り始めています。そのような花や自然を楽しむ方法として、それらの波動を感じ、自分の波動と調和させる方法があります。それは、次のようなシンプルな方法で誰にでもできますが、忙しい現代人にとっては、案外難しいワークであるかも知れません。

         それは、次のようなアファメーションを通じて成されます。
         「私は、今ここにいます。」
         「私は、あなたの美しさと輝きを感じています。」
         「ありがとう。」

         ここでの最初のポイントは、「ここにいる」事を宣言すると同時に、よそ事は脇に追いやり、その場の相手(例えば桜)にフォーカスする事です。そして、そのフォーカスした相手の波動を感じるようにします。相手の波動を十分に感じたと思えたら、その波動を受け取らせて頂いた事に対し素直に感謝します。感謝する事はポジティブな波動を相手に送る事に他なりません。これが心のそこから自然に行われるようになると、常にポジティブな波動の交流が成されるようになります。

         このシンプルな方法は自分にとっての大事な人たちにも応用する事ができます。つまり、ー分の本質を体に呼び込み、∩蠎蠅梁減澆鯒Г瓠↓4脅佞鯤げます。これは、愛の表現方法の一つであり、本気で相手と分かり合うためのベースとなる手法です。現代人は、とかく一緒にいてもTVや携帯に気を取られ、「心ここにあらず」状態が普通に成ってしまいがちです。でも、愛をもって接したい、接されたいと願うのであれば、自らが率先して「今ここにいる」必要があります。

         あなた方の本質はスピリットです。

         あなた方の肉体はそこにあっても、あなた方のスピリットはそこにいないかも知れません。
         何となれば、スピリットは容易に過去や未来を旅できるからです。

         あなた方が愛の本質を知るならば、
         あなた方の愛する方々と同じ場所に立つだけでは十分でない事に気づかれるでしょう。

         あなた方が愛する方々と十分に分かち合いたいのであれば、
         まずあなた方のスピリットが肉体と共にある必要があります。
         そして、相手のスピリットを認識し、その波動を感じる事が重要です。

         心身ともに一緒に居られる事は、
         安心感と共にこの世界における至福の時をもたらします。

         お互いの心が開かれ、波動の交流が適切になされた時、
         そのエネルギーの交流はあなた方に癒しをもたらし、新たな気づきを与える事でしょう。

         さらに、心を広げるのであれば、 
         あなた方は一人では無く、常に全てなるものと共に居る事を実感するようになるでしょう。


        以上です。

        ブログランキングに参加しています。
        皆さんのおかげで必要な方々へお伝えする事ができ感謝しています。
        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        ありがとうございます。m(_ _)m 

        セミナー、ワークショップ等々の詳細情報(ディバインセンスな情報室)
        http://ameblo.jp/ug-sg/
        Yujiの旅の軌跡
        http://spiritual2007.jugem.jp/?eid=587
        Yujiのつぶやき(Twitter)。
        http://twitter.com/Yuji_DivineSens

        FaceBook: http://www.facebook.com/yujisugi
        mixi: http://mixi.jp/show_friend.pl?id=872022
        JUGEMテーマ:日記・一般

        JUGEMテーマ:旅行

        category:ワーク | by:ゆうじcomments(0)trackbacks(0)

        ネガティブさを開放をしてゆきませんか?

        2008.04.22 Tuesday 00:06
        0
           この3次元世界に来た目的の一つが魂の学びと経験のためであると認識するようになると、感情はその学びの状況を教えてくれる計器のような働きをしてくれる事に気づかれると思います。

           そして、皆さんにお勧めしたいのが、過去を振り返っての感情のワークです。それは、自分が一番リラックスできる時に行います。音楽を聴いているときでも、風呂に入っている時でも構いません。過去に感じたネガティブな感情のうねり(怒り、悲しみ、寂しさ、恐怖等々)を思い出します。そして、その思いを今自分の考えられる最も優しい気持ちで抱きしめます。

           それは、まるで赤子をあやすような感じになります。聞き分けの無い感情に対し、ただただ優しく抱きしめ、何故そのような感情を抱いたのか思い出します。思い出したくなければ、無理に思い出さなくても良いです。でも、その感情のうねりは癒されるに従い、自然とその理由を教えてくれるようになります。その紐解かれてゆく感情を再度味わい、そして手放してゆきます。

           ネガティブな感情は、誰かに自分の存在を訴えたくてたまりません。そこにアドバイスはいりません。ただ、共に感じて欲しいのです。

           ここでのポイントは自分の中のネガティブな感情を客観的に見つめ・感じ直す点にあります。あの頃は許せなかった事も、今思い返してみると案外些細な事だったりします。そして、そのような感情は、手放さない限りいつまでも心のどこかにまとわり付き、新しい経験の妨げとなります。

           もう一つ大事なポイントは、今生の課題を早い段階で済ます点です。心にしこりとして残っているような過去の感情のうねりは、いずれ開放しなければなりません。それは、何もしなければ、気づかせるために、今生で災難として将来現われるかもしれません。また、場合によっては、次の生まれ変わりの時の課題になるかも知れません。

           だからこそ、過去のネガティブな感情のうねりの解消は、過去、現在、未来の私達にとって必要なプロセスなのです。

           感情にはエネルギーがあります。
           あなた方が発した感情は常にあなた方に帰ります。

           特にネガティブな思いは、あなた方の心に垢のようにたまってゆきます。
           あなた方が自ら開放しようとしない限り、そのエネルギーは容易にあなた方から離れようとはしないでしょう。
           
           あなた方が体の垢を落とそうとするとき、まずはその垢を浮き立たせることでしょう。
           心の垢も同じです。

           まず浮き上がらせ、そして流します。
           浮き上がらせるためには思い出さなければなりません。

           心の垢は思い出されると、その時に感じた様々な思いを呼び覚まします。
           そこからあなた方が学んだ事は何だったでしょう?

           あの時は気づかなかっただけで、
           実にたくさんの事を学んできたことでしょう。
           
           あなた方がその学びの全てを思い出し、感謝と共に手放すのであれば、
           もはやそのネガティブな垢はその存在意義を失い開放されます。

           それは諦めるのとは違います。

           全ては必要がありそこに存在し、
           その必要性を全うしたからこそあるべきところに戻るのです。

           あなた方の体は光に満ちています。
           今は気づかないとしても、やがて誰もが気づき自覚するのです。

           そのプロセスをスムーズに歩むことは、あなた方の人生に輝きをもたらします。
           辛い学びも、楽しい学びも全てあなた方の選択の結果です。

           何もあえて辛さを抱えている必要はありません。
           あなた方は錘(おもり)を下ろせば、(その心は)いつでも輝く光に戻れるのです。


          皆さんの応援が力になります。下記「クリック」ご協力ありがとうございます。m(_ _)m
          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング

          (皆さんに、)愛と光の加護がありますように。そして、内なる叡知に導かれますように。


          category:ワーク | by:ゆうじcomments(2)trackbacks(0)

          今を目一杯楽しむワーク

          2008.04.26 Saturday 21:54
          0

             皆さんは「今」を生きていますでしょうか?
             このように聞くと、不思議に思えるかもしれませんが、例えば、「昨日一日何をしていたか描写できますか?」と聞かれたとき、即座に思い出す事ができますか?また、思い出せたとして、その時の周りの状況も描写できますか?
             ここ最近、自分にとって「今」を生きることがテーマになっています。そうしていたら、これを簡単に実践する方法を閃きました。(多分、上の方から情報が降りてきたのでしょう。)その方法はとてもシンプルですが、実際に試してみると直ぐに効果が実感できましたので、ここで皆さんとシェアさせて頂きたいと思います。
             それは、五感をフルに活用し、味わう方法です。例えば、今この瞬間、皆さんはパソコンまたは携帯のモニタを眺めている事と思いますが、あなたの五感はどのような情報を伝えているでしょうか?現代人はとかく目の情報に頼りすぎ、その他の情報をおざなりにしがちです。そして、見ているようで、実際には見ていないことが多いのが実情です。ですから、何かを眺めながらも同時に目以外の情報も意識的に感じるようにします。
             まず、手の感触はどうでしょうか?今何かに触れているようならその感触を味わってみます。そして足の感触はどうでしょうか?
             次に気温はどんな感じでしょうか?温かい、寒いでしょうか?また、全身を意識したとき、上と下や前や後ろでは感覚が違うことは無いでしょうか?
             次に、においはどうでしょうか?また、音はどうでしょうか?何が聞こえていますか?また、口の中にはどんな味がしまていますか?
             これら五感を意識し、さらに五感を超えた周りの雰囲気や、自分自身の感情も味わってみます。すると、意外なほど多くの情報が無視されていたことに気づかれるのではないでしょうか?なぜならば、これらの五感+αの情報は「今」を生きているとき、初めて意識的に感じることができ、これらの情報をフルに感じる事が「今」を生きている証ともいえるからです。
             このワークはどこでもできますが、家の中よりも外に散歩に出かけている時の方が、高い効果が期待できます。何となれば、外には予期せぬたくさんの情報があり、何でも無い道沿いに、実にたくさんの情報が転がっています。例えば今の季節ならたくさんの花々が咲いていることでしょう。それらの色、香り、雰囲気はどんな感じでしょうか?歩くときの足の感触、手の感触はどんな感じでしょうか?また、身の回りに響く音はどんな様子でしょうか?
             今までの当たり前が当たり前でなくなってきませんか?そして、誰もが、この様な経験を幼い時はしていたのではないでしょうか?過去の心配を引きずらず、未来を憂う事無く、今目の前にあるこの瞬間を目一杯楽しむ事が、人生を有意義に過ごすコツだと思っています。そして、それは誰もが、ほんのちょっと視点を変えるだけで実現できる方法です。
             もう一つ、このワークのコツを伝授させてください。それは、このワークをしている間は、考えるのを止め、ただ感じるようにする事です。それは、言葉での描写を止め、ダイレクトに五感+αを味わうことです。それは、頭でのジャッジをやめる事も意味します。そうしているうちに、今まで頭の中にあった堂々巡りするような「今とは関係無いもやもやした何か」が追い出され、「今」という瞬間が満ちてきます。
             一日ほんの数分でも良いので、「今」を目一杯楽しんでみませんか?それは、新たな発見をもたらし、同時に至福の時の体験へと通ずる入り口となります。
             
             今この一瞬に現れる波動は、二度と現れることは無いであろう。
             似ていても何かが異なる。
             それが自然の営みである。
             寄せては返す波が
             砂浜を洗うように、
             生きとし生ける全てのものはその波動を交換し合っている。

             人は、その波動を自らの感情をもって変動させることが出来る。
             されど、その波動は本来高い状態で安定すべきであるが、現実には不安定に揺れている。
             それは、切れかかった蛍光灯の様でもある。
             何となれば、人は今という瞬間をなおざりにし、自ら進んで過去や未来の不安定な状況にフォーカスしようとしているからである。

             しかし、どれだけ思いを馳せたとしても、あなた方が生きているのは、「今」というこの瞬間だけである。
             この「今」を生きようとせずに、幸せを得る事はできまい。
             常に何か物足りなく、常に求め続けているのは、「今」を生きていない証でもある。
             「今」を満たすことができれば、不安の入る余地はもはやあるまい。
             それは、どんな状況でも幸せを感じられる状態であり、過去に縛られず、未来に頼る事無く、「今」この瞬間に愛が満たされていることを知ることでもある。

             「今」この瞬間にあなた方に与えられている全てを味わうが良い。
             それこそが、かんながらの道である。

              皆さんの応援が力になります。下記「クリック」ご協力ありがとうございます。m(_ _)m
             にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング

            (皆さんに、)愛と光の加護がありますように。そして、内なる叡知に導かれますように。
            category:ワーク | by:ゆうじcomments(4)trackbacks(0)

            Calender
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
            カウンター
            ブログパーツUL5
            Yujiの無料情報メルマガ
            【無料メール講座】最高の人生を引き寄せる秘訣 〜ディバインアクセラレーション®を活用して心の奥底から望む人生を加速させていこう!〜
            読者登録フォーム
            お名前(姓名)
             
            メールアドレス
            受信形式
            HTMLメール
            文字メール
            お勧めです。
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM